ホントに必要?話題のグレインフリーキャットフードに迫ってみた!

穀物が猫の体へ悪影響を及ぼしてしまう可能性があると知り、愛猫にはグレインフリーのキャットフードを与えたいと考えている方もいらっしゃるのではありませんか?

愛猫に穀物アレルギーの疑いがあるとしたら、尚更だと思います。

そこで今回は、

  • グレインフリーのキャットフードが持つ特徴
  • 穀物を使用していない安全なグレインフリーキャットフード
  • グレインフリーのキャットフードへ切り替える時のコツ

上記の3点に絞ってご紹介していきます。

愛猫の体にかかる負担を少しでも減らしたいと望んでいる飼い主さんは必見です!

グレインフリーのキャットフードってどんなもの?

ではまず、グレインフリーのキャットフードとはどんなものなのか、その特徴から探っていきましょう。

グレインフリーのキャットフードには次のようなメリットがあります。

穀物の消化が苦手な猫でも安心して食べられる

愛猫の消化器官に大きな負担をかける”穀物”

元々肉食動物として狩りをしながら食事の生計を立てていた猫にとって、穀物を消化することは苦手です。

そのためキャットフードから穀物を摂取しても体の中できちんと消化することができず、体調不良を引き起こしてしまいやすいのです。

しかしそんな時に活躍するのが「グレインフリーキャットフード」

グレインフリーのキャットフードは穀物の消化が苦手な猫でも安心して食べることができ、愛猫の健康を思う飼い主さんの悩みを解消してくれますよ!

穀物アレルギーを持った猫に与えても問題なし

また、グレインフリーのキャットフードは穀物アレルギーを持っている猫またはその疑いがある猫に与えることもできます。

もしも自分の愛猫が穀物アレルギーによる症状で苦しんでいたら、きっと飼い主さんはなにか良い打開策がないかと、頭を抱えてしまうことでしょう。

ところがグレインフリーのキャットフードにすることで、そのような悩みを取り払うことができるのです!

そんな穀物不使用のキャットフードは、穀物アレルギーを持っている愛猫に与えるキャットフードとしてすごくおすすめですよ♪

動物性のタンパク質を摂取できる

さらに、豊富な動物性のタンパク質を摂取できるところもグレインフリーキャットフードの魅力にあります。

穀物の消化を苦手とする猫でも、動物や魚といった肉類であれば問題なく消化することができます。

そこでグレインフリーのキャットフードにはよく動物または魚の肉が使用されているので、たとえ穀物からタンパク質を摂取できなくても特に問題はないのです。

グレインフリーキャットフードで猫が元気に暮らしていくために欠かせないタンパク質を摂取できるのは、飼い主さんにとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

グレインフリーのキャットフードを探しているならこの3つがベスト!

グレインフリーのキャットフードは、猫と飼い主さんの両方が安心して生活を送るためにとても役立つことが分かりましたね。

では、そんなグレインフリーキャットフードの中でも信頼できそうな商品は一体どれなのでしょうか?

ここからはグレインフリーのキャットフードを探している方にぜひ使ってみてほしい3つの商品をご紹介していきますね!

モグニャン

まずはじめにご紹介するグレインフリーキャットフードが「モグニャン」です。

穀物 グレインフリー
価格/内容量 3,960円+税/1.5kg

白身魚がメインとなっているモグニャンは高タンパク質で安全性が高く、とても人気。

また、アレルゲンとなる可能性を持つ肉類が使用されていないモグニャンは、穀物以外の肉類に関わるアレルギーを持った猫にも対応することができますよ!

カナガンキャットフード

続いてご紹介するのが「カナガンキャットフード」です。

穀物 グレインフリー
価格/内容量 3,960円+税/1.5kg

グレインフリーのカナガンキャットフードには、イギリスで平飼いされていた鶏の肉が60%以上使用されています。

さらに豊富な食物繊維が含まれているサツマイモや尿路結石の予防に役立つクランベリーなど、猫の体を健康的に保つために必要となる栄養素がいくつも含まれていますよ!

グレインフリーでなおかつ愛猫にバランスの取れた栄養素を摂取させてあげたいと考えている飼い主さんにおすすめのキャットフードです。

シンプリー

グレインフリーのキャットフードといったら、「シンプリー」も外せません。

穀物 グレインフリー
価格/内容量 3,960円+税/1.5kg

シンプリーは主に、サーモン・ニシン・マスなどの魚類をメインとしたキャットフードで、穀物が不使用となっています。

それだけでなく、尿路結石の予防にもつながる食材が使用されているので猫の健康状態が心配な飼い主さんでも安心してキャットフードを与えることができますよ。

シンプリーでは贅沢に3種類もの魚を使用していることから、魚好きの猫ちゃんであれば喜ぶこと間違いなしです!

上手にグレインフリーのキャットフードへ切り替えるコツ

ここまでグレインフリーのキャットフードについてお伝えしてきました。

そこでみなさんは、元々使っていたキャットフードから違うキャットフードに切り替える時、どんなやり方をするべきか知っていますか?

キャットフードの切り替えに失敗してしまわないためにも、今から正しい知識を身に付けてグレインフリーのキャットフードを愛猫に食べさせてあげましょう!

ゆっくりと時間をかけながら少しずつ慣らしていく

今までに1度でも愛猫に与えるキャットフードを変えた経験がある方だったら既にご存知かもしれませんが、キャットフードの切り替えはゆっくりと時間をかける必要があります。

なぜなら突然ガラリとキャットフードを変更してしまうと、それに驚いた愛猫が体調を崩したり、逆に食いつきの悪さが増してしまったりすることも考えられるからです。

切り替えにかける期間としてはだいたい10日から2週間程度で、元々のフードに新しいグレインフリーのキャットフードを少量ずつ混ぜ、徐々に慣らしていくのがおすすめですよ!

たとえすぐに食べなくてもそこで簡単に諦めてしまわない

グレインフリーのキャットフードへ切り替える時に注意してほしいのが、たとえすぐに愛猫がご飯を食べてくれなくてもそこで簡単に諦めてしまわないことです。

繊細な性格をしている猫は香りにも敏感で、キャットフードが変わった途端に食べなくなってしまうのはよくあること。

新たに愛猫へ与えるグレインフリーのキャットフードが安全な食べ物だと分かるとその後は問題なく食べてくれるようになるので、ひとまず様子見をしてみてくださいね!

まとめ

猫の体へたくさんの良い影響をもたらす”グレインフリーキャットフード”

これは猫を飼っている飼い主さんだったら試してみる価値がありそうですね!

あなたもグレインフリーのキャットフードを使用して、我が子のように大事な愛猫のことを守ってあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です