キャットフードを比較してみた!あなたは一体どのキャットフードを選ぶ?

「キャットフードの違いがよく分からない…。一体どれを選ぶべき?」

大切な愛猫の健康を考えるあまり、そう悩んでしまってはいませんか?

愛猫がいつまでも元気に、そして少しでも長生きしてほしいと願っている飼い主さんはきっとたくさんいることだと思います。

そこで、人気のキャットフード3種を比較してみることにしました!

ちなみに今回キャットフードで比較したのは、主原料と安全性(グレイン・添加物)です。

これから愛猫へどんなキャットフードを与えていくべきか悩んでいた方は、ぜひご覧ください!

3種類のキャットフードを比較!

ここでさっそく、3種類のキャットフードを比較していきます。

比較した内容は冒頭でもご説明したとおり、主原料・グレイン・添加物の3つです。

キャットフードを比較しながら各商品にどんな特徴があるのか見てみましょう!

モグニャン

*メイン食材:白身魚

*グレインフリー:○

*添加物:人口添加物(着色料・香料・防腐剤・酸化防止剤) 不使用

まず比較する1つ目のキャットフードが、こちらの「モグニャン」です。

モグニャンはメイン食材が白身魚だからタンパク質がとても豊富!

そのため猫のエネルギー源であるタンパク質をしっかりと摂取することができます。

さらに消化不良を引き起こす原因でもあるグレイン(穀物)や危険な添加物が使用されていないことから、どんな猫でも安心して食べられるキャットフードとなっていますよ!

カナガンキャットフード

*メイン食材:チキン

*グレインフリー:○

*添加物:人口添加物(着色料・香料・防腐剤・酸化防止剤) 不使用

次に比較したキャットフードのカナガンは、メイン食材にチキンを使用。

鶏が原料となっているチキンには豊富な動物性のタンパク質が含まれていて、猫が元気に過ごせる暮らしをサポートします。

また、カナガンもグレイン(穀物)や人口添加物が一切使用されておらず、安全性の高いキャットフードとして人気がありますよ!

ジャガー

*メイン食材:鴨肉・鶏肉・サーモン

*グレインフリー:○

*添加物:人口添加物(着色料・香料・防腐剤・酸化防止剤) 不使用

ジャガーは他の2つと比較しても分かるように、メイン食材がガラリと大きく異なります。

鴨肉・鶏肉・サーモンと、たった1つのキャットフードに対して主原料がとても充実!

それぞれのメイン食材からきちんと動物性のタンパク質を摂取しつつ、贅沢にお肉や魚がミックスされた味を楽しむことができそうです。

そんなジャガーもグレイン(穀物)や添加物が含まれていない安全なキャットフードです!

キャットフードを比較してみて気付いたこと

3つのキャットフードを比較してみると、いくつか気付いた点がありました。

それらはどのようなことか、これからお伝えしていきますね!

キャットフードによってメイン食材はバラバラ

まずキャットフードを比較してみて気付いた1つ目の点が、メイン食材の違いです。

モグニャンは魚のみ、カナガンはチキンのみ、そしてジャガーは動物性のお肉+魚と、特徴に違いがあります。

ですから自分の愛猫ならどのようなメイン食材を好みそうか想像しながらキャットフードを選んでみても良いかもしれませんね!

3つのキャットフードはすべてグレインフリー

主原料だけで見ると少しずつ違いがあった3つのキャットフードですが、穀物に関してはどれもすべてグレインフリーという結果に。

穀物を摂取してアレルギー反応が起きてしまう猫もいますから、そうしたことを考えてもグレインフリーのキャットフードというのはすごく活躍してくれるのではないでしょうか。

もしも愛猫が穀物アレルギーを持っていても、ここでご紹介したキャットフードであればどれを選んでも問題なさそうですね!

可能な限り添加物を省いているキャットフードが多い

また、3つのキャットフードを添加物で比較してみたところ、どのキャットフードも可能な限り添加物を省いていることが分かりました。

添加物の中には愛猫の明るい未来を奪ってしまうものもあり、そうした添加物をむやみにキャットフードから摂り入れてしまうのは危険です。

ガンの発生率を上げてしまう添加物などは特に注意しなければいけません。

しかし危険な人口添加物を使用していない上記の3商品だったら、できることなら愛猫のことを長生きさせたいと望んでいる飼い主さんの夢を実現することにつながりますよ!

詳細は以下のサイトを参考にさせていただきました。

参考サイト⇒おすすめにゃキャットフードドットコム!愛猫が喜び毎日を応援

キャットフードを比較する時にチェックしておくべき3つのポイント

これまでキャットフードの比較結果についてお伝えしてきましたが、あなたは一体どんな部分に注目しながら見比べていましたか?

ここでもキャットフードの比較で登場したように、キャットフードを選ぶ時は以下の点に気を付ける必要があります。

間違ったキャットフードを愛猫へ与えてしまわないためにも、この機会に正しいチェックポイントや選び方をマスターしてしまいましょう!

メイン食材が動物性のタンパク質であるか

キャットフードのメイン食材は動物や魚の肉を使っているものが理想的です。

なぜならそれらの肉類には、猫の活力源になる動物性のタンパク質が豊富に含まれているからです。

本来ならば肉食動物である猫にとって、タンパク質は欠かせません。

主原料が穀物となっているキャットフードから植物性のタンパク質を摂取することも可能ですが、穀物の消化が苦手な猫の場合は消化器官に負担がかかりやすくなってしまいます。

愛猫の健康を守っていくためにも、体に優しい動物性のタンパク質がたくさん含まれたキャットフードを選んであげてみてくださいね!

グレインフリーかどうか

先ほどもほんの少しだけご説明しましたが、グレイン=穀物が原因となってアレルギーの症状や消化不良が起きてしまうこともあります。

やはり愛猫のことを大事に思っている飼い主さんであれば、誰だって穀物で苦しむ愛猫の姿なんてきっと見たくはありませんよね。

だからこそ、キャットフードを比較する時はちゃんとグレインフリーになっているかどうかを事前にチェックしておくようにしましょう!

添加物の少なさも意外と重要

複数のキャットフードを比較しながら選ぶとしたら、添加物が少ないかどうかを把握しておくのも意外と重要なことです。

いくつもの添加物が配合されたキャットフードを愛猫に与え続けていると、将来的に愛猫が病気にかかりやすくなってしまう可能性があるからです。

そのような添加物をいくつか挙げてみると、酸化防止剤・着色料・保存料などがあります。

猫の体へ害を与える添加物に気を付けながら、愛猫が喜ぶキャットフードを見つけてあげてくださいね!

まとめ

今回3つのキャットフードを比較してみたところ、メイン食材以外に大きな違いはありませんでした。

それだけ猫の健康と安全を第一に考えて作られたキャットフードが増えてきているということなのかもしれませんね。

しかし猫も人間と同じように、味や香りの好みはそれぞれで違うものだと思います。

ここでの比較結果をもとに、ぜひ愛猫にとってベストだと思えるキャットフードを与えてみてくださいね!